どんどん上がっていくカードの限度額は必要?

この前、カード会社から親展と書かれた封筒が届きました。
なんだろうと思っていたのですが、中を開けて見ると、限度額をあげさせていただきましたとのことでした。
貯金の額だとか、カードの限度額って、人に聞くのはタブーな感じですよね。
なので、他の人がどのくらいなのかはわかりませんが、いささか限度額が大きくなりすぎる気もしてしまいます。
怖いというよりも、実際にそこまで使うことがないので、ここまで要らないのになと思ったりします。
確かに、日常的にカードを使っているし、ほぼお財布がわりと言ってもいいかもしれません。
なので、年間にすると決済額というのは多いのかもしれないませんが、それほど高価なものを買うような用事もありません。
でも、利用回数が多いほうが、クレジット会社としては手数料がたくさん取れるのかもしれませんね。
そう考えると、年に数回、高額な買い物で使う人よりも、一日に一回使ってくれる人の方が上客なのかもと思ってしまいました。シースリー 効果

歌が上手でソロで歌うことも多い娘役・愛すみれさん

宝塚歌劇団雪組の娘役・愛すみれさん。2009年に95期生として入団しました。歌の上手な娘役で宝塚大劇場公演でもソロを披露しています。2012年に宝塚歌劇の専門番組であるTAKARAZUKA SKY STAGE『日本のうた』のメンバーにも選ばれ、同じ雪組の透水さらささんと夢華あみさんと共に「手のひらを太陽に」を、1人で「若者たち」を歌いました。
雪組に配属になり、入団2年目のショー『ロック・オン!』で早くも歌手に選ばれました。2013年『Shall we ダンス?』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、派手なダンサーのバーバラを面白く演じました。
2017年宝塚バウホール公演『New Wave! −雪−』では、一番上の期としてメンバーを纏め、同期で主演を務めた月城かなとさん達を支えました。同年『ひかりふる路?革命家、マクシミリアン・ロベスピエール?』では女性革命家のイザベル役でソロを披露しました。2018年『凱旋門−エリッヒ・マリア・レマルクの小説による−』では娼婦役で出演しています。マイルを貯める クレジットカード