電車の線路の敷石は、なんで砂じゃなくて石?

毎日見ているようなものでも、ふと急に不思議に思ったりすることってあると思います。
先日、ちょっと疑問に思ったのは、電車の線路の敷石についてです。
というのも、線路というのは、レールがあって、枕木があって、その下に敷石が敷かれています。
そもそも、この敷石の意味と言うか役割というのが、よくわからないんですよね。
たくさんの人を乗せた電車の車両はかなりの重量になるので、そういうショックや衝撃を吸収させたりする目的なのかなと思ったりします。
でも、それならあんなに大きな石ころではなく、砂に近いものの方が良いのではないかとも思ったりします。
砂の方が衝撃も音なども吸収しやすいし、効果的な部分ではメリットは大きいのではないかと思います。
でも、砂の場合は乾燥すると風に飛ばされてしまったりするし、整備が大変になってしまうのかもしれません。
そうすると、敷石というのがどんな目的で、どんな基準で選定されているのかというのが、少し気になってしまいました。